メニエール病の症状と原因

メニエール病は吐き気と激しいめまいを伴い難聴や耳鳴りの症状を起す病気です。特に30歳~50歳くらいの女性に多く見られますが、最近は男性でも発症する人が増えています。

メニエール病の症状や特徴としては、目が回るような激しい回転性のめまいが起きて、30分で止むときもあれば時には数時間続き冷や汗をかいたり動悸を引き起こす事もあります。それと同時に耳鳴りが起き耳が塞がった様な感じになります。発症する人の特徴は几帳面で痩せている人に多く、睡眠不足やストレスが溜まった過労状態になると発症しやすくなります。

メニエール病の原因は、脳が原因で起きる中枢めまいと、耳が原因で起きる内耳性めまいの2種類に分けられます。内耳のリンパ液が増えすぎる事を内耳リンパ水腫と言いますが、内耳リンパと外耳リンパに分かれており、それぞれ成分が違うリンパ液が詰まっており、何らかの原因で混ざってしまいます。この際に感覚細胞がいつもと違う刺激を受けて、平均感覚が狂ってしまいます。同時に聴覚も影響を受けるため、音も聞こえづらくなり内リンパ液が減少すると膜は元通りになりめまいも治まります。

メニエール病の治療はまだ確立しておらず、一般的にはめまいや吐き気症状を引き起こしている要因を改善する薬で対応います。手術の方法もあり約7割~9割程度めまいは改善しますが、聴力を失うリスクもあるので注意が必要です。メニエール病 完治