2017年6月

離乳食後期の量の目安について

離乳食後期の量の目安について

(公開: 2017年6月22日 (木))

離乳食後期ともなると、赤ちゃんも食べるということにだいぶん慣れてきています。また、食べることが大好きな赤ちゃんもいるでしょう。

離乳食をいっぱい食べてくれれば、やっぱりお母さんも嬉しいですから、ついたくさんあげてしまうかもしれません。

逆に、相変わらず食べない、ということで悩んでいるお母さんもいるでしょう。でも、離乳食後期は、初期や中期と違って、栄養を離乳食から摂るということを意識する必要があります。

ただし、栄養はたくさん食べれば良い、というものではありません。ですから、ただ単に食べ過ぎると肥満のもとになるので気をつけましょう。

また、少量でもバランスの良い食事をすることが大事なので、平均的な量をあげるようにしましょう。

離乳食後期の量の目安は、まずお粥は歯茎で潰せるぐらいの硬さの全粥で、90gから100gが目安です。タンパク質は、豆腐なら50g、乳製品なら100g、魚やお肉は15gを目安にしてください。野菜や果物は、30gから40gぐらい食べさせるようにしましょう。

ちなみに、調味料の油や砂糖は3g以内に抑えてください。離乳食後期と言っても、濃い味付けや脂分は赤ちゃんの体に負担をかけてしまうので、使い過ぎないように要注意です。

ただ、これはあくまでも目安の量ですから、あまり神経質になる必要はありません。それよりも、主食、主菜、副菜をきちんと食べて栄養を摂ることが大切です。

ですから、どんな食材を使うにしても、量より質にこだわるようにしてください。離乳食のバナナはこの危険に注意!

 


やっかいな非細菌性の前立腺炎

やっかいな非細菌性の前立腺炎

(公開: 2017年6月22日 (木))

慢性前立腺炎には身体的なストレスばかりか、精神的負荷も大きく関連しています。

 

 

痛みや違和感が重くないと思い、泌尿器辺りの不快さを我慢してしまい、その違和感によって徐々に症状が悪化するという終わりのない悪循環が起こりその中には心療内科や精神科へ治療に行かれる人もいます。

診療機関で受ける検査は肛門より指を入れての直腸診や尿検査・血液検査を行います。

 

 

 

細菌感染の有無を確認する事で、細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎とに分けられます。前者後者どちらのケースでも頻尿とか残尿感、排尿痛や勃起障害の症状が出る場合もあります。悪化をくい留めるためにも体調の変化を感じたら診療機関で早めの診察をうける事が必要です。

摂取量を増やすべき食料品は、前立腺肥大抑制の効果があるとされるイソフラボンが入っている大豆食品がお勧めです。加えて、前立腺肥大を予防するテストテロンの分泌を促進する効果があるのが亜鉛です。ミネラルである亜鉛を多く含む海藻類、レバー、牡蠣、ナッツ類もより多く摂取しましょう。

 

 

 

前立腺マッサージでは前立腺の働きは改善され、排尿しやすくなります。

温熱療法とは前立腺を温める療法であり、前立腺の機能を向上させる働きを期待できます。加えてのぼせない程度にゆっくりと入浴をして下半身を温めることにより、前立腺やその周囲に出た症状を緩和する効果が期待できます。

 

セルニルトンは医療機関で処方される薬です。前立腺炎 薬

薬の効果として期待できるのは大きくは3つに分けられます。

 

1つは抗炎症作用になります。前立腺炎を始めとして、その他の部位の炎症も抑えることが出来ると報告されています。2つ目は排尿促進作用になります。膀胱の内圧を上昇させることで排尿時に尿を押し出す力を強めます。3つ目としての効果は前立腺肥大を抑える働きです。