規則正しい生活はPMS改善に役立つ

極力、同じ時間に寝て同時刻に起床することが大事です。

 

自律神経を調節するホルモンの分泌は午後10時から4時間の間に活発になるので、最低でも午前12時までには就寝しましょう。

入浴はリラックスタイムとして貴重です。

 

ぬるめの半身浴でじっくりと入浴するのが一番効果があります。

緊張や疲れも取れて、むくみも解決できます。

日々の習慣と食事のそれぞれを改善することで、できるだけ心と体の均衡を保つようにしましょう。

 

 

スポーツを楽しみながら生活に組み込んで、体質を改善するように努めることも効果が期待できます。PMSの症状が重く出る人の多くは、大きなストレスを抱えていたり、体質になにかしらの原因がみられる傾向にあります。これらの根本的な問題解消に、意識を高めて取り組むことも重要なポイントです。PMSと似ている病気に月経困難症という病気が挙げられます。症状は腹痛・下痢・吐き気などでよく似ているのですが、異なる点は症状が出る時期にあります。

 

 

 

PMSは月経前に体調が崩れるのですが、月経困難症では月経中に重い症状が出てきます。月経困難症は若い女性に発症する場合が多いですが、年齢が増すことや、また出産回数と伴い減少します。排卵の後から月経が始まって7日ほどの間は、またの名を愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が増え、情緒が安定するとされています。かたや一方では幸福感を増やしてくれるセロトニンの分泌量が月経前に減少し、オキシトシンの分泌量に比べてセロトニンの減少量が大きい状態になると、PMSの症状を自覚するようになるとされています。

 

 

不快な症状が出るPMSは、食事内容や運動、リラックスなどの生活習慣が大きく関係しています。

体調が悪い時期には毎日生活している中で小さな心がけを持続する必要があります。

身体が発するSOSを聞いて、生活習慣の見直しを図り自ら持っている自然治癒力を増加させましょう。PMS対策のサプリこちら